<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Tさんの酒、その後

「善と悪の区別がつくのは、人と犬だけだ」と皮肉に書いたのは、猫好きのバロウズだ。街へ出れば、ひとりよがりの生き物が、ひとりよがりの生き物を連れて歩いている。人は孤独なのだ。

人には孤独と反抗の時間が必要だ。一人暮らしが思考する力をつくり、反抗期が戦う心をつくる。それを持たなければ、人の顔色ばかりをうかがい、虚勢を張るだけの人間になる。情報を簡単に共有できる社会では自己肯定と感謝の大安売りだ。しかし思考を持たない感情は、一瞬で憎悪にも変わってしまう。

神に形而上的反抗を続ける、その事に意味を求めたカミュは、永遠の青春の輝きを得た。それは表現のひとつの勝利だ。
それに対して、ありもしない神への反抗が飢えた人たちに何ができるのか、文学や哲学は世界を変えられるかと反論したのがサルトルだ。

答はない。しかしこのバーチャルな世界には答があふれている。その根底にあるのは、アイデンティティの喪失への恐怖ばかりだ。世界-内-存在。その世界のあらゆる場所で、さまざまな魂が、単純な二元論を求めている。いったい人は何に怯えているのだろう。

M美のT君が学園祭で絵の展示とおかまバーの模擬店をやるというので、でかけてみた。そこでは限られた時間の、限られた場所でしか酒を飲む事ができない。そこで時間まで隣にあるT大に行く事にした。

そこには七輪でホルモンなどを焼きながら座り込み、生ビールや焼酎を飲んでいる、のんびりとした光景があった。心地よく飲む事ができた。M美に戻ると、年齢のいった者にも「規則ですから」と身分証の提示を求められた。そしてその場所には酒を飲んで盛り上がっている連中がいるわけでもなく、ただ寒い風が吹き抜けているだけだった。
今の、日本人の言う自由とは、自己責任とは、安全な社会制度とは何なのだろう。

少し体調が戻った入院中のKが、久しぶりに帰って来たので飲み、話した。

夜がくると不安になるKを、花の世話をしているY君とTさんの弟子になったS君が、阿佐ヶ谷のバーに連れて行った。Y君の兄がやっている店だ。今では当初と意味合いの変わってしまったKへのおすすめ動画を見ながら、彼らは騒いでいた。その店の主な客層である男の気をひく事だけが興味の気どった女たちや、それが目当ての阿呆男たちはひいた。Y君の兄は「俺の店だ。つぶしたってかまわないから、好きにしろ。」と言った(その後店は、阿佐ヶ谷らしい面白い客層に変わったという話だが)。

Tさんは死んでしまったけれど、Kの周りには病院で読書仲間になった生意気な中学生がいる。体調のよい休日には、Kの行きたい場所に車で連れて行ってくれるM君もいい奴だ。
Kに食べさせようと、七輪で秋刀魚を焼いて病院から顰蹙をかったY君、戦場から帰ると家族が解散していたTさんが旅した場所、携帯電話を置きカメラを持って遠野の山で野宿をしたS君。彼らは髪の抜けるKをみて、頭を剃ってしまった。ゴダールの「はなればなれに」のようだ。みんな、やるじゃん。だけど。

K、感謝なんかするな。誰もが、君のために動いている訳じゃない。君が持つ多くの知識を表現する事を、なぜ君は長い間ずっとためらっていたのだろう。それは誰かに、彼に、どう思われるか、そればかりを気にしていたからだ。Tさんと話さなければ、今もそうだったかもしれない。そしてその君が、皆の何かを変えたんだ。グズグズしていたって何も始まらない。

後のことなんか知っちゃいない。結果ばかりを気にし、人の顔色をうかがう奴を軽蔑しろ。そうでなければ、自分のダメさかげんもまた、きちんと知る事なんか永遠にできないのだから。そして、それぞれがそれぞれの事を、いつか思うだけだ。あいつがいてくれてよかったと。
[PR]
by nakagami2007 | 2009-11-06 16:15